安全で確実な退治を|蜂・ねずみ駆除や鳩対策は業者に依頼しよう

環境に合わせて駆除をする

ネズミは放っておくと病気になったり、不衛生な状態になってしまいます。ネズミ駆除するためには、業者で駆除する以外にも様々な方法で駆除することができます。ネズミは種類によって生息する環境が違うため、それに合わせて駆除することが大切です。

繁殖期を迎える前に対策

ハチ

巣作りを止める専用グッズ

蜂を効率良く退治する為には、タイミングと専用グッズが大切です。例えば「素人でも簡単に巣作りを予防できる」と評判の蜂退治グッズの1つが、女王蜂を誘引する捕獲器です。吊るすだけで良いので難しい技術も要りません。蜂を寄せつける香りで強引に誘引し、容器の中に飛び込ませます。特殊な構造をしているので、一度入ると外に出ることはできません。容器の中は人間や動物に被害を与える薬剤は入っていないので、安全です。蜂は容器の誘引液に溺れて死にます。巣作りを始める前の春先に飛ぶ女王蜂を仕留めることで、蜂退治が簡単にできます。巣が完成してからは働き蜂が急増するので、個人で巣を駆除する難易度が増します。自力で手軽に蜂を退治する時はこういった専用グッズを使いましょう。

冬を越し飛び始める時に

女王蜂は、冬を越したあと春先に飛び回るのが特徴です。巣作りにふさわしい場所を探すため、越冬したところから離れ各地を飛び回ります。巣作りの司令塔に自宅が狙われてしまうと、4月から6月頃までにあっと言う間に巣を作られてしまいます。巣が完成した後は働きバチが急増し、巣もどんどん巨大化します。働きバチの攻撃性も強くなっていくので、危険度も増します。この段階に突入すると退治するのは素人では厳しくなります。冬も活動が衰えるものの、活発に動き回る種類もいるので油断大敵です。巣作りに着手する前に司令塔をやっつけて、働きバチも増やさないのが効率良く退治するポイントです。暖かくなり始めたら捕獲器を置いたり忌避剤を撒いて対策を施しましょう。

早期対処をしましょう

鳩の姿を自宅周辺で見かける方は,ご自宅が狙われている可能性があります。人目に付かない場所に巣を作る習性のある鳩は,室外機や鉢植えの裏などに巣を作ります。ですから,鳩の姿を頻繁に見かける場合には早期の対策をお勧めします。

プロにおまかせ

被害状況や家の広さ、業者ごとにねずみ駆除の料金は変わってきます。1つの場所であったり、一方で家全体を料金としてカウントする業者もいるので、依頼する業者がどうやって料金を算出するのか事前に調べておきましょう。